PR

【GoodNotes 5】ノート作成!使いやすいこだわりレイアウト設定を徹底解説!

Apple関連
記事内に広告が含まれている場合があります。

GoodNotes 5をインストールして、初めに行わなければならないノートの作成について解説します。

GoodNotes 5では多彩なオリジナルノートを作成することが可能です。

表地は約50種類、用紙は約50種類が既に用意されています。

Deaz
Deaz

また、個人で作成したPDFファイルなどもページレイアウトに設定することができますよ。

この記事はこんな方にオススメ!

・GoodNotes 5のノートの作成方法について知りたい。

・GoodNotes 5のノートの表紙や用紙をカスタマイズしたい。

・GoodNotes 5のオリジナル(PDF)のページレイアウトを設定したい。

GoodNotes 6】の同記事は、下記の記事をご参照下さい。
【GoodNotes 6】ノート作成!使いやすいこだわりレイアウト設定を徹底解説!
GoodNotes 6をインストールして、初めに行わなければならないノートの作成について解説します。GoodNotes 6では多彩なオリジナルノートを作成することが可能です。表地は約100種類、用紙は約50種類が既に用意されています。また、個人で作成したPDFファイルなどもページレイアウトに設定することができます。
【GoodNotes 5】の概要につきましては、下記の記事をご参照下さい。
【GoodNotes 5】iPadで最も強力なノートアプリ!
無料(一部制限あり)で高機能で使いやすいアプリをお探しの方に「GoodNotes 5」をオススメします。 ノートや手帳の電子化を簡単に行うことができ、記入すると同時にノートのバックアップをPDF化してくれる機能もあります。 GoodNotes 5の有料版と無料版の違いやオススメの機能など解説していきます。
【GoodNotes 5】基本的な機能ツールバーにつきましては、下記の記事をご参照下さい。
【GoodNotes 5】基本的な機能ツールバー解説!
GoodNotes 5のよく使わている基本的な機能であるツールバーについて紹介します。 ペンの種類や色、写真挿入やページの編集など簡単に操作することができます。 実際の紙ノート&ペンを使うよりも便利な機能がたくさんあるのでそちらについても紹...
GoodNotes 5
GoodNotes 5
開発元:Time Base Technology Limited
無料
posted withアプリーチ

新規ノート作成

新規ノート作成について解説します。

※無償版は、ノートを3冊までしか作れないので注意して下さい。

手順

①GoodNotes 5アプリを開く。
②書類タブが表示されているか確認。
③+新規をタップ。

④ノートをタップ
⑤表紙をタップ
⑥表示されている中から表紙を選択

⑦用紙をタップ
⑧設定したい用紙を選択
   今回は方眼紙を選択します。
⑨ノートサイズをタップ
⑩A4を選択
   今回はA4を選択します。
   

Deaz
Deaz

A4は一般的な用紙サイズなので印刷時に最適です。

⑪向きをタップ
⑫縦向きor横向きを選択
    今回は縦向きを選択します。
⑫認識言語をタップ
⑭日本語を選択
   

Deaz
Deaz

テキスト化する際に適切な言語設定が必要となります。

⑮ノート名を入力
⑯作成ボタンをタップ
⑰ノートが作成されていることを確認

各種設定した内容は、ノート作成後でも変更することが可能です。

ノートを開く

Deaz
Deaz

作成したノートを開いてみましょう!

手順

①作成したノートをタップ
②ノートが開く
③タップしたノートと同じ名称になっているか確認

表紙を編集

表紙に文字などを記載することができます。

1ページ目が書類欄に表示される画像になります。

手順

①アイコンをタップ
②1ページ目(表紙)をタップ

③表紙を編集する
④アイコンをタップし書類へ戻る。
 保存ボタンなどはなく、随時内容が保存される仕様です。
⑤編集した表紙になっているか確認

ノートを探す際にノート名でもわかりますが、表紙の編集を行うと視覚的にも探しやすくなります。
文字以外にも写真を挿入することも可能です。

作成したノートの設定を編集

一度作成したノートの再設定について解説します。

表紙の変更

表紙は、書類タブのサムネイルになります。

手順

①再設定を行うノートをタップ
②アイコンをタップ

③表紙を選択
④「…」アイコンをタップ
⑤テンプレートを変更をタップ

⑥表紙をタップ
⑦変更したい表紙を選択
 今回はコイを選択します。
⑧適用をタップ
⑨変更した表紙を確認
 ※編集した文字と写真はそのまま残ります。

ちなみに表紙を選択(②~③)しないで表紙の変更(④~⑧)を行った場合、途中に表紙が挿入される仕様となっております。

用紙の変更

ノートのページを選ぶことができます。

手順

①再設定を行うノートをタップ
②「…」アイコンをタップ
③テンプレートを変更をタップ

④用紙をタップ
⑤変更したい用紙を選択
 今回はタスクを選択します。
⑥適用をタップ
⑦変更した用紙を確認
 ※既に記載されているページの内容はそのまま残ります。

PDFファイルを用紙に設定

WordやPowerPointなどからPDFファイル作成ものや、実際の紙をスキャンしてPDFファイルを作成したものを用紙のテンプレート設定ができます。

↑これができるだけでページの自由度が一気に向上します。

Deaz
Deaz

今回はOneDrive上にあるPDFファイルを設定します。

手順

①書類をタップ
②設定(歯車)アイコンをタップ
③ノートのテンプレートをタップ
④「+」アイコンをタップ

⑤新規グループ名を入力
 新規グループ名設定は初回時や新しくグループ作成する際に行って下さい。
⑥OKをタップ
⑦読み込むをタップ
⑧ファイルからをタップ

⑨OneDriveをタップ
⑩用紙テンプレートとして追加する対象を選択
⑪追加したグループに選択したPDFファイルが表示されていることを確認

PDFファイルを追加することによって用紙テンプレートから設定&追加できるようになります。

まとめ

いかがでしたか?

今回は【GoodNotes 5】ノート作成!こだわりレイアウト設定について解説しました。

もともと用意されている表紙と用紙のテンプレートの数には驚きました。

実際のノートと同じように表紙の加工が簡単に行えます。

また、用紙テンプレートもPDF対応している為、カスタマイズは無限大!!!!!

みなさまもGoodNotes 5でオリジナルのノートを作成し、ノート&手帳の電子化をしてみて下さいー(^^)/

GoodNotes 5を使いやすく、描きやすくするiPadのアクセサリーについては下記の記事が参考になると思いますので、ぜひご参照下さい。
【2023年版】iPad mini 6の実用的で軽量!おすすめアクセサリー6選
『使いやすく、軽い。』をコンセプトをもとに実用的なアクセサリーの組み合わせを私なりに考えました。 既にiPad mini6を使用されている方、これから購入を検討されている方にも参考にして頂けるアクセサリーが見つかると思いますので、是非チェックしてみて下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました