PR

【GoodNotes 5】効率的に使えるテキストツール機能の解説!

Apple関連
記事内に広告が含まれている場合があります。

GoodNotes 5のテキストツール機能について紹介します。

手書き以外にも、キーボードを使用しテキスト入力も可能です。

また、手書き文字をテキスト化してくれる「スクリブル」機能やカメラ認識でテキスト化というものがあります。

Deaz
Deaz

キーボード入力が苦手な方でも手書き文字でテキスト入力が可能ですので、ぜひご活用下さい!

スクリブルの精度の高さには感動しました!

この記事はこんな方にオススメ!

・GoodNotes 5のテキストツール機能について知りたい。

・GoodNotes 5のテキストツールはどんなことができるのか知りたい。

GoodNotes 6】の同記事は、下記の記事をご参照下さい。
【GoodNotes 6】効率的に使えるテキストツール機能の解説!
GoodNotes 6のテキストツール機能について詳しく紹介します。 手書き以外にも、キーボードを使用しテキスト入力も可能です。 また、手書き文字をテキスト化してくれる「スクリブル」機能やカメラ認識でテキスト化というものがあります。 Dea...
【GoodNotes 5】の概要につきましては、下記の記事をご参照下さい。
【GoodNotes 5】iPadで最も強力なノートアプリ!
無料(一部制限あり)で高機能で使いやすいアプリをお探しの方に「GoodNotes 5」をオススメします。 ノートや手帳の電子化を簡単に行うことができ、記入すると同時にノートのバックアップをPDF化してくれる機能もあります。 GoodNotes 5の有料版と無料版の違いやオススメの機能など解説していきます。
【GoodNotes 5】のノート作成につきましては、下記の記事をご参照下さい。
【GoodNotes 5】ノート作成!使いやすいこだわりレイアウト設定を徹底解説!
GoodNotes 5をインストールして、初めに行わなければならないノートの作成について解説します。GoodNotes 5では多彩なオリジナルノートを作成することが可能です。表地は約50種類、用紙は約50種類が既に用意されています。また、個人で作成したPDFファイルなどもページレイアウトに設定することができます。
【GoodNotes 5】基本的な機能ツールバーにつきましては、下記の記事をご参照下さい。
【GoodNotes 5】基本的な機能ツールバー解説!
GoodNotes 5のよく使わている基本的な機能であるツールバーについて紹介します。 ペンの種類や色、写真挿入やページの編集など簡単に操作することができます。 実際の紙ノート&ペンを使うよりも便利な機能がたくさんあるのでそちらについても紹...
GoodNotes 5
GoodNotes 5
開発元:Time Base Technology Limited
無料
posted withアプリーチ

テキストツールとは

テキストツールとは、テキストボックスに文字入力を行う機能です。

文字のフォントやサイズ、背景色など様々なデザイン性の高い設定が行うことができます。

要素ツール(スタンプ機能)にも登録することができ、便利な機能のひとつです。

テキストボックス挿入

①テキストツールのアイコンをタップ
②ノートスペースをタップすることによりテキストボックスが挿入
③キーボードと下部にメニューが表示ます。

文字入力

テキストボックス挿入後に文字入力を行うことができます。

キーボード入力はもちろん、音声入力やスクリブル、カメラでも入力することが可能です。

スクリブル入力

スクリブル入力とは、手書きした文字をテキスト化してくれる機能です。

実際にスクリブル入力をした動画を下記に載せておきます。

スクリブル機能を使用するには、設定→Apple Pencilのスクリブルを有効にして下さい。

下記の図を参考。

※スクリブル入力時に選択されているモードによって認識する文字が異なりますので注意して下さい。

日本語:日本語にテキスト変換

English:英文字にテキスト変換

カメラ入力

カメラで文字を認識し、紙資料などをテキスト化してくれる機能があります。

精度はあまり高くありませんが、長文になると入力するのが手間なので、誤字を修正する方が時短になると思います。

手順

①テキストボックスをタップしメニューを表示する
②下図②のアイコンをタップする
③カメラからの映像が表示され、スキャンしたいテキストに黄色カッコを合わせる
④黄色カッコのカーソルが表示されている部分のテキストが表示される
⑤入力をタップしテキストの内容を確定させる。

フォント

デフォルトでフォントも多数用意されています。

①フォント名称欄をタップ
②使用したいフォント名をタップ

※既に入力されたテキストに変更を行う場合は選択した後に行って下さい。

テキストサイズ変更

文字のサイズは1pt~200ptまで設定が可能です。

①サイズ欄をタップ
②文字サイズを調整する

※既に入力されたテキストに変更を行う場合は選択した後に行って下さい。

テキストのカラー変更

ペンツール同様、カラーサンプル一覧やカラーホイール、HEX値より選択することが可能です。

①テキストのカラー欄をタップ
②設定したいテキストのカラーを選択

※既に入力されたテキストに変更を行う場合は選択した後に行って下さい。

テキストボックスのスタイル

テキストボックスのスタイル設定では、背景色や枠線などの設定が可能です。

①テキストボックスのスタイル欄をタップ
②設定したいテキストボックスのカラーを選択
③詳細タブより細かいテキストボックスの設定をする

テキストボックスのスタイル変更を行うだけでスタンプ風に簡単に仕上がります。

デフォルトに設定

一度設定したテキストボックスのスタイル設定をデフォルトとして保存すると、新規で挿入するテキストボックスのスタイルが引き継がれます。

①デフォルトとして保存したいテキストボックスをタップ
②テキストスタイル欄をタップ
③デフォルトとして保存をタップ

※テキストのカラーは引き継がれないので注意して下さい。

その他機能

テキストボックス内の文字を選択している際に、表示されるメニューから下記の作業を行うことができます。

★テキストボックス内メニューでできること。

・カット

・コピー

・ペースト

・置き換える

・フォーマット

・調べる

・翻訳

・Webを検索

・共有

・リンク

「>」アイコンより残りの機能を表示することができます。

イメージしにくい機能をピックアップして解説します。

・置き換える

入力した文字を自動判定して提案してくれる機能です。

表示された内容をタップすると置き換えることができます。

誤字などの判定を行い、正しい文字を表示してくれたりもします。

・フォーマット

書式を2種類(ボールドorイタリック)から変更ができたり、下線(アンダーライン)を引くことができます。

調べる

辞書で調べてくれた内容が表示される機能と、Siriから提案されたWebサイトの表示をしてくれる機能が表示されます。

翻訳

翻訳した結果や読み上げてくれる機能などがあります。

Webを検索

WEBブラウザアプリが開き、Googleサイトにて検索してくれます。

共有

コピーやファイルに保存(テキストファイル.txt)、AirDropでApple製端末に送ることが可能です。

今回は、iPadからiPhoneへAirDropで送りメモ帳で開くについて解説します

①iPad(送信側)AirDropをタップ
②iPhone(受信側)メモをタップ
③テキスト情報が保存され、メモアプリで表示されます。

リンク

テキストにリンクを設定しておくと、Excelのハイパーリンク機能みたいにタップすると挿入されたリンク先の情報を開くことができます。

①リンク先欄にURLを入力または、ペーストし戻るをタップ
②リンク設定されたテキストボックスをタップするとリンクの内容&メニューが表示される

まとめ

いかがでしたか?

今回は【GoodNotes 5】テキストツール機能解説!でした。

ペーパレス化に興味はあるが、「私は、旧人類だから…。」と諦めているという方にもテキスト入力がキーボードを使わず、スクリブル入力やカメラ認識入力を活用し、タイピングなしでテキスト入力できるGoodNotes 5をオススメします(^^)/

テキストツールでは手書き文字に自信がない方でも綺麗にまとめられる機能です。

テキストツールの機能を理解し、手書き入力とテキスト入力を使い分けて、GoodNotes 5を活用頂けたらと思います。

GoodNotes 5を使いやすく、描きやすくするアクセサリーについては下記の記事が参考になると思いますので、ぜひご参照下さい。
【2023年版】iPad mini 6の実用的で軽量!おすすめアクセサリー6選
『使いやすく、軽い。』をコンセプトをもとに実用的なアクセサリーの組み合わせを私なりに考えました。 既にiPad mini6を使用されている方、これから購入を検討されている方にも参考にして頂けるアクセサリーが見つかると思いますので、是非チェックしてみて下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました